現在のウェブ制作には縦長に大きく制作する事もある

縦長に大きく制作するページと言えば、広告などから訪れるランディングページが有名ですが、トップページやサブページに対して、ランディングページの様な内容で制作する手法が現れていますよ。従来の考え方は、ページ数は多い方が望ましく、検索エンジンにも多くのページを登録する事が可能であり、アクセス数を高める手法が取られていました。しかし、サイト内のリンクは100%のクリック率では無いため、訪れた人の中には、他のページ内容を把握する事が無く、離脱してしまっていた物です。新しい考え方は、他のページの内容を、一つのページにまとめる事であり、商品などを扱っている場合は、たとえアクセス数が減っても品質の高いページが成約に繋げる効果を高める事が可能になってますよ。

現在のウェブ制作はワイド画面に対応されている内容

従来のウェブ制作は、多くの端末で見る事を前提にして制作していたため、最も小さな画面に合わせて制作していましたよ。ワイド画面で見た場合、両端に余白が現れる事もあり、コンテンのインパクトが小さく感じさせてしまう事も現れます。現在は、横長のテレビが普及している時代であり、中にはインターネットを見る事が可能なテレビもありますよね。これは、今後ますます加速されて広がって行く物であり、ウェブ制作する場合は、ワイドに合わせた内容が大切と言えるでしょう。

能動的型のコンテツが人気を集める

インターネットが普及し始めた頃と言うのは、発信するだけの内容がほとんどでしたよ。これは、教えてあげる、説明してあげると言う様に、上から目線で受身的に伝える内容となり、時には威圧的な内容になってしまう事もあります。友達感覚で、インターネットが利用できる環境が現れ、人気を集め始めたのが、掲示板サイトやチャットサイトなど、ユーザーが能動的に働きかける事が出来るコンテンツです。コメントやレビューは、他の人が訪れている価値のあるページだと思ってもらう事も出来ますよね。能動的な内容とは、ただ、目で見て受身的にとらえるのでは無く、自分自身の頭で考える必要性があり、その脳の働きが重要な内容だと判断をして記憶に強く刻んでもらう事も可能になりますよ。

コーディングをして変換する事によって、様々なメリットがあります。アップロードなどにも対応しています。

Categories: 未分類

Comments are closed.