そもそもネットワーク監視って何?

みなさんはネットワーク監視って聞いたことはありますか?普通に生活しているとあまり聞きなれない言葉ですよね(笑)ネットワーク監視とはコンピュータネットワークにおける性能が低下していたり、障害が発生していないかを定期的に監視することや、その監視しているシステム全体のことをそう呼ぶのです。その監視するシステムは異常が発生した際にシステム監視者にメールでアラートメッセージ(警告文)を送信することもしているんですよ!

ネットワーク監視って何してるの?

ここまでで、ネットワーク監視というものが何のことかは大体わかったでしょうか!でも、どういうことをしているかまではよくわかりませんよね?では、何をしているかについて説明していきましょう!ネットワーク監視システムはネットワークに普通ではありえないような負荷がかかっていたり、サーバに障害が発生していないか、ネットワークの接続の障害が発生していないか、ネットワークの機器が障害を起こしていないかなどを常に監視しているのです!

もし障害が発生してたらどうするの?

もし、監視しているネットワークになんらかの異常が起きて、接続が確立できていなかったり、タイムアウト(接続の時間切れ)が発生していたり、メッセージなどが取得できなくなるなど、最新の状態を監視システムが取得することが出来なくなると、監視システムはシステム監視者がその場で見ていなかったとしてもメールなどで警報を送ったり、自動的に問題の発生したサーバを切り離して修理を待つなど、様々な対応を行ってくれたりしているのです!

サーバーが異常なく稼働し続けることは、円滑な企業活動に欠かせません。そのためには、ネットワーク監視のサービスを利用することも必要になってくるでしょう。

Categories: 未分類

Comments are closed.