さあ、新しいパソコンを買いに行こう!

オンラインゲームや家計簿、写真やムービーの管理など、パソコンでやってみたいことってたくさんありますよね。でもどれを買えばいいのか、いざ買う段階になると迷ってしまうと思います。実は、表計算やワープロ、インターネットやメールだけなら、特に性能を気にする必要はあんまりないのです。お店に実際に行ってみて、予算の範囲内で見た目や触って見た感じなどで選んでみても意外と大丈夫なんです。では、それ以外の点で、何を気をつけたらいいのでしょう?

パソコンは意外と寿命が短い?

正確な数字があるわけではないのですが、だいたいハードディスクの性能は3年から4年くらいだと思ったほうがいいです。少し短いな、と思うかもしれませんが、なんといっても大切なデータがたくさん入ってる部分ですから、ココが壊れてしまっては大変です。「ハードディスクは壊れるものなんだ」と意識して、常に外付けハードディスクやDVDに焼くなどして、定期的にバックアップすることが大事です。つまり、パソコン自体は、大切な「データを操作するための計算機」でしかないんです。そう考えると、選ぶ方向性がおのずと決まってくることがわかるかと思います。

じゃあ、実際には何に気をつけて選んだらいいの?

パソコンを買うときには、オンラインゲームのように非常な高性能を要求するソフトを動かすのでなければ、あまりスペックにこだわらないほうが良いかも知れないんです。というのは、パソコンって突然壊れちゃったりするんです。データが無事ならいいのですけど、たいていは突然なのでやっぱり困ってしまいますよね。だから、常にいつか壊れるもの、と考えながら使うしかないんです。データは常に外部に保存しつつ、予算の範囲内で適切な性能のものを選んで、数年サイクルで買い換えていくのが安心して使うポイントかもしれませんね!

仕事やプライベートで必要となるものはいくつかあります。その中でもパソコンは仕事やプライベートでも大活躍するものになります。

Categories: 未分類

Comments are closed.