レンタルサーバーの種類をおさらい

Webサイトを活用したビジネスに欠かせないサーバーですが、個人での設置・運用は非常に難しいため、レンタル利用するのが一般的です。レンタルサーバーは主に4種類に分けることができ、必要な容量や機能に合わせて選定、契約します。代表的なものに、複数ユーザーが一緒に使用する共有サーバー、1ユーザーにつき1台のサーバーを利用できる、高機能の専用サーバーがあります。最近はVPS、クラウドサーバーなど仮想的なサーバーも活用されています。

コストで選ぶならどのサーバー?

共有サーバー、VPSやクラウドサーバーは複数のユーザーが共同使用するため、サーバーの運用・保守管理に必要なコストは全利用ユーザーで分割されます。その結果、利用料金はより低額になります。特に共有サーバーは月額100円から提供されており、個人サイトやコンパクトなサイトに最適です。高機能サーバーではVPSは月額500円前後から、クラウドサーバーも月額千円以下で利用できます。ある程度の運用知識がある方なら、非常に有効に使いこなせるでしょう。

大規模サイトを安全に運用できるサーバーは?

Webサイトを多くのユーザーに閲覧してもらうためには、サイトの操作性を向上させる、有益な情報をまめに発信するなど、直接目に触れる部分での工夫はもちろん大切ですよね。加えて、ページ表示が速くスムーズ、セキュリティ対策が万全、安定性が高いなど、サーバーの選び方で対策できる要素も重視されます。専用サーバーやVPS、クラウドサーバーは大規模で凝った作りのサイトの運用に適しており、最新のセキュリティ対策が可能です。

レンタルサーバーは、インターネット上で情報を発信したいときに必要な複雑な初期設定を、利用者に代わって設定してくれるサービスです。使い方や費用によって共有型・占有型に分けられ選ぶことができます。

Categories: 未分類

Comments are closed.