どこからくるのかな?

風評被害はどこからくるのでしょう?今までの多くは、メディアと呼ばれるテレビなどの報道や新聞や雑誌などの記事によって大半が起こっています。最近の傾向としてはこれ以外にもネットへの書き込みなどでの被害も多く発生しています。どの経路を通しても同じ特長があり、それが速さです。どの経路を通しても被害が広がる速さは他の手段よりもはるかに速く広がっていきます。その対策方法は、収まるまで待つのも一つですが、他にも方法があります。

目には目を歯には歯を!

風評被害の対策方法で一番いい方法は、同じ経路を利用することが得策です。早く広まるスピードを対策にも利用するのです。ただし、注意も十分必要となってきます。例えば災害時などで、実際に被害がそれほど大きくないのに大きいように広まってしたっ時に、早めの対策を取ろうとして、少しでも伝える情報を間違えたりしてしまうと、逆に風評被害が広まってしまいます。なので、十分に慎重な上に正確な情報をまとめてから利用するようにすることをお勧めします。

時は金なりって本当かも?

対策のもう一つの方法としては、じっと我慢強く待つ方法も対策の一つと言えますが、商売などを行っている方には非常に辛い方法です。時間が長引くほど、お客様は遠ざかってしまいますし、収入も期待できなくなります。一般家庭では、じっと待つことは対策の一つとして有効手段ですが、商売を生業としている方にとっては、お勧めできません。ことわざの「時は金なり」通りに時間は、お金の流出にもなりますし、正確な情報さえ伝えられれば、収入につながってきます。

風評被害対策は観光地にとって死活問題です。災害と直接関係のない観光地まで被害があるように報道されるのでとても影響があります。問題がないならば問題がないときっちり報道すべきです。

Categories: 未分類

Comments are closed.